世界の都市デザインセンター

オランダのロッテルダム
建物の一階に街全体の大きな模型が置いてあり、その脇には進行中の建築プロジェクトの図面集やスケッチなどが展示され、カフェもある。
ここに来れば街がどんな姿をして、新しくどこにどんな大きさ・デザインの建物ができるか一目瞭然である。

ドイツのフライブルク
都市計画局に行くと、日本のお役所と違って、彼らは個室にそれぞれ大きな図面を広げられるデスクを持ち、壁一面に張られた図面に囲まれている。廊下には所狭しと模型が置かれている。都市計画のアトリエ、そんな場所である。
それらの模型には同じ特徴があり、一つ一つの建物には窓もなく真っ白で形だけを表している。新しく造る建物をこの中に当てはめて、形や大きさが良いかを皆で検討する街の模型なのである。