仙台国際交流協会の「外国人被災者への情報伝達」報告書が完成

当法人代表理事・榊原進が研究会メンバーとして携わった「外国人被災者への情報伝達」に関する報告書が、仙台国際交流協会から公表されました。
留学生をはじめ外国人研究者とその家族も多い片平地区の地域主体のまちづくりをサポートしている経験を踏まえ意見交換してきました。

関連サイト
・仙台国際交流協会ブログ
http://www.sira.or.jp/japanese/blog/archives/2013/06/post-354.html