仙台国際交流協会の「外国人被災者への情報伝達」報告書が完成

当法人代表理事・榊原進が研究会メンバーとして携わった「外国人被災者への情報伝達」に関する報告書が、仙台国際交流協会から公表されました。 留学生をはじめ外国人研究者とその家族も多い片平地区の地域主体のまちづくりをサポートしている経験を踏まえ意見交換してきました。 関連サイト ・仙台国際交流協会ブログ http://www.sira.or.jp/japanese/blog/archives/2013/06/post-354.html…

行政と地域の協働まちづくり体制 始動

「片平地区まちづくり計画」の提示を受けた仙台市は、片平地区まちづくり会との窓口をひとつにする、いわゆるワンストップサービス体制でまちづくりに取り組むこととなりました。 これはかなり画期的なことですが、体制ができてからが協働まちづくりの本領が発揮されるところですので、今後まさに、共に動くことが大いに期待されます。 …

地域発行誌「ウェルカム片平」 完成

「片平地区まちづくり計画」と同時並行して制作していた『ウェルカム片平』が完成しました。2009年に発行された『片平平成風土記』のコンパクト版として、また、震災による影響で地区内に新たに住む地域住民に向けた地域情報として完成した地域誌です。…

片平地区まちづくり計画 完成

個性ある地域づくりに取り組んでいる片平地区のまちづくりに、当法人が仙台市まちづくり専門家派遣制度のまちづくりコンサルトとして参加してきましたが、震災を挟む3年間を経てまちづくり計画が完成しました。 地区の置かれている状況を整理して出てきた魅力と課題を踏まえ「『杜の都・仙台』を象徴するまちづくり」を基本理念に4つのまちづくり目標を掲げています。そして今後の実践プロジェクトとして、これまでも地区で取り組んできた行事や、震災を教訓にした防災の取り組み、そして仙台市との協働に向けた提案事項が挙げられており、さらに取り組み体制も実行委員会形式で進めていくという大胆なものとなっています。…

片平地区 避難状況等検証調査

片平地区の震災時の避難状況等ヒアリング調査の成果と対応方針を、仙台市の市民局長に9月22日報告しました。 プレスリリース【pdf 287KB】…