西公園パークマネジメント社会実験事業がスタート

仙台市が進める市民協働の大きな柱である「市民協働事業提案制度」の平成29年度事業の募集に、当法人の提案する事業が採択されました。 ・設定されたテーマ:まちの魅力を創る公園の利活用 ・当法人の事業提案:西公園パークマネジメント社会実験事業 (これからの公園マネジメントのあり方を検討していくための実態調査・実証実験・検証) 市民協働事業提案制度|仙台市HP http://www.city.sendai.jp/kyodosuishin/kurashi/manabu/npo/shimin/jisshijigyo/sedo/index.html …

青葉通に、まちあわセンターを開設しました

仙台都心の東西を結ぶ道路・青葉通は、現在、再整備のまっただ中です。 戦災復興の象徴として植えられたケヤキは、市民の声によって巨木となった今も守られています。 (地下鉄東西線・青葉通再整備により何本かは西公園等に移設されました) {ピクニックパレード}関連企画 青葉通まちあわセンター 日時:2015年10月17日(土)〜18日(日) 会場:仙台興和ビル公開空地(青葉通沿道の一部) まちなかでもこれだけの大自然の恵みがあることを、ピクニックを通じて体感してもらうため「まちあわセンター」を設置しました。人工芝を敷いたところにハンモックを並べて、屋台でのドリンク・フードを楽しんでもらいました。 「都心のど真ん中にもかかわらず、ちょっとしたスペースで杜の都を感じられる」「子どもが遊ぶのにちょうど良かった」「知人にこんなところで何してるの〜という声をかけられた」など、ご利用いただいた方々から感想をいただきました。 ⇩{ピクニックパレード}全体の様子はこちら …

いよいよ荒井東が街開きします

荒井東地区のまちづくりは、都心と海手をつなぐ未来のまちを目指して官民協働で取り組んできました。災害にも強い次代を見据えた医・衣・食・職・住が揃う“これまで”になかった、“これから”のまちを実現しようとしています。 現在、荒井東まちづくり協議会が主体となり、良好な市街地環境の整備を進めるとともに、公共空間・施設管理やエコタウン、健康づくり、モビリティ、交流・賑わい演出等の各種事業の構築・実践を行っています。 12月6日の地下鉄東西線開業に合わせ荒井東地区が街開きを迎えます。それを記念したイベント「あらフェス」が行われ、住む人に優しく訪れる人に美しい機能集約型市街地に向けた一歩を踏み出します。 また2015年度で協議会は解散しその後は、既に荒井東地区でのまちの維持管理や賑わいの創出、エコタウンづくり、コミュニティづくり等の事業に取り組む一般社団法人荒井タウンマネジメントが主体となり、仙台市荒井東土地区画整理事業や協議会のまちづくり理念を踏襲し、地区の長期的な価値向上につながるまちづくりを持続的に推進していきます。 荒井東復興街びらきイベント「…

みんなの居久根WSの様子が「ココロプレス」に掲載されました

宮城県復興応援ブログのココロプレスさんに「みんなの居久根プロジェクト」の記事に続きまして、 7月11日に開催した「みんなの居久根ワークショップ」の様子を、ブログ記事で紹介していただきました。 ■「私」の思う原風景。未来の「居久根」の姿とは http://kokoropress.blogspot.jp/2014/08/blog-post_15.html ワークショップ第1回のまとめはコチラ(PDF1.6MB)からダウンロードできます。 ワークショップ第2回は、9月5日(金)に開催します。詳細はニュースをご覧ください。 [ココロプレス関連記事] ■100万都市の「新しい田舎」を創る 〜みんなの居久根プロジェクト〜 - 前編 - 後編…

宮城県復興応援ブログ「ココロプレス」に掲載

宮城県復興応援ブログのココロプレスさんに「みんなの居久根プロジェクト」を取りあげていただきました!
長編インタビューにつき、二部構成となっています。是非ご覧下さい。 ■100万都市の「新しい田舎」を創る 〜みんなの居久根プロジェクト〜 - 前編 http://kokoropress.blogspot.jp/2014/06/100_4.html - 後編 http://kokoropress.blogspot.jp/2014/06/100_24.html   記事の最後に、7月11日開催の「みんなの居久根ワークショップ」をご紹介いただきました。次の世代につなぐ「これからの居久根」について話し合います。ご参加お待ちしております。 http://www.udworks.net/archives/news/minnanoigune0711…

みんなの居久根のリーフレットができました!

遂に「仙台平野みんなの居久根プロジェクト」のリーフレットが完成しました! ワークショップや実生の植え替えなどを通して見えたイメージをまとめたものです。モデルである南蒲生のみなさんや、建築、ランドスケイプの専門家の先生方との協働作業により作成したイメージです。今後の実践のためのたたき台としてこれを活用できればと思います。 当プロジェクトにご興味をもたれた方、またはプロジェクトを一緒に進めて下さる方にお配りいたしております。 当法人にお問い合わせ・お訪ね下さい。宜しくお願いいたします。 特定非営利活動法人 都市デザインワークス 〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町6-6-903 Tel.022-264-2405 Fax.022-796-0080 Mail info@udworks.net…

百年の杜づくりフォーラムに参加しました!

2014年2月1日(日)の午後にメディアテーク7階にて開催された百年の杜づくりフォーラムにおいて、当法人代表理事・榊原が「みんなの居久根」の取組みについてお話させていただきました。 パネルディスカッションでは、「みんなの居久根プロジェクト」にアドバイスをいただいている廣瀬俊介先生もご登壇しました。 居久根(や緑地帯、公園など)の「存在価値」と「利用価値」の両面から多岐に渡る話しが展開されました。 参加者の皆さんから多数のご提案やご感想をいただき、ディスカッションがより深まりました。 …

みんなの居久根ワークショップ「これからの居久根って?pt2」

3回目のワークショップは「これからの居久根って?pt2」と題して、場所と使い方、活動について考えました。 空間構成を理解しながら、「こんな事をしたい」「こんなものがあるといいね!」という話しで盛り上がりました。 特に「みんなでつくり、育てる」ことができる場所については、その必要性と様々な活動や交流を生む可能性がある事から、たくさんの案が出されました。 12月にはイメージ化に向けた作業部会を開き、1月に第4回目を開催します。…

実生植え替えワークショップ

津波の被害から這い上がってきた、実生(みしょう)を植え替えるワークショップを開催いたしました。 津波に耐えた居久根の下には、ツバキ、シロダモをはじめ様々な実生が出てきていました。これらを隣接地に移し替え、育てて行くという「みんな居久根」のプロジェクトのファーストトライとなりました。 今回は東北芸術工科大学から、廣瀬 俊介先生、田賀 陽介先生をお迎えしての現場ワークショップとなりました。 専門的な立場から貴重なアドバイスをいただきながら(笑いもありながら)のワークショップでした。 今回の植え替えたものの管理や、界隈への波及など、今後の課題もあります。 引き続き前向きに取り組みたいと考えます。 …

みんなの居久根ワークショップ「これからの居久根って?」

「これからの居久根って?」というテーマでワークショップを開催しました。 そして、このプロジェクトに参加いただいている廣瀬俊介先生(東北芸術工科大学大学院・ランドスケイプデザイナー)より 「七北田川低地と周辺の地理その他から考える、南蒲生の将来像」と題したミニレクチャーも行いました。 …
1 / 3123