荒井東地区の都市再生整備計画が策定されました!

荒井東のまちづくりを担う一般社団法人荒井タウンマネジメントが、都市再生推進法人として都市再生整備計画を提案しました。 これをもとに正式に仙台市の都市再生整備計画が策定されました。 計画期間:平成28年度〜平成37年度 主な内容:都市利便増進協定 荒井東地区 都市再生整備計画 PDF http://www.city.sendai.jp/toshisaisesuishin/kurashi/machi/kaihatsu/toshikekaku/toshisaise/toshisaise/documents/araihigashi.pdf…

青葉通に、まちあわセンターを開設しました

仙台都心の東西を結ぶ道路・青葉通は、現在、再整備のまっただ中です。 戦災復興の象徴として植えられたケヤキは、市民の声によって巨木となった今も守られています。 (地下鉄東西線・青葉通再整備により何本かは西公園等に移設されました) {ピクニックパレード}関連企画 青葉通まちあわセンター 日時:2015年10月17日(土)〜18日(日) 会場:仙台興和ビル公開空地(青葉通沿道の一部) まちなかでもこれだけの大自然の恵みがあることを、ピクニックを通じて体感してもらうため「まちあわセンター」を設置しました。人工芝を敷いたところにハンモックを並べて、屋台でのドリンク・フードを楽しんでもらいました。 「都心のど真ん中にもかかわらず、ちょっとしたスペースで杜の都を感じられる」「子どもが遊ぶのにちょうど良かった」「知人にこんなところで何してるの〜という声をかけられた」など、ご利用いただいた方々から感想をいただきました。 ⇩{ピクニックパレード}全体の様子はこちら …

仙台市都市計画マスタープランへパブリックコメント提出

当法人は2014年2月8日付けで『仙台市都市計画マスタープラン地域別構想(都心地区・泉中央地区・長町地区)』(素案)に関して、パブリックコメントを提出しました。 仙台市HPに、「『仙台市都市計画マスタープラン地域別構想(都心地区・泉中央地区・長町地区)』(素案)に関する市民意見の募集結果について」が掲載されています。 11名から28件の意見が提出され、それに対する仙台市の考え方が取りまとめられています。 「仙台市都市計画マスタープラン地域別構想(都心地区・泉中央地区・長町地区)」(素案)に対する市民意見について 当法人のパブコメは上記pdfの意見番号2,3,5,6,21,22,25が該当しているようです。 政策としていくつかは取り上げられそうです!…

片平地区まちづくり計画 完成

個性ある地域づくりに取り組んでいる片平地区のまちづくりに、当法人が仙台市まちづくり専門家派遣制度のまちづくりコンサルトとして参加してきましたが、震災を挟む3年間を経てまちづくり計画が完成しました。 地区の置かれている状況を整理して出てきた魅力と課題を踏まえ「『杜の都・仙台』を象徴するまちづくり」を基本理念に4つのまちづくり目標を掲げています。そして今後の実践プロジェクトとして、これまでも地区で取り組んできた行事や、震災を教訓にした防災の取り組み、そして仙台市との協働に向けた提案事項が挙げられており、さらに取り組み体制も実行委員会形式で進めていくという大胆なものとなっています。…

荒井東まちづくり協議会設立記念フォーラム 開催

荒井東まちづくり協議会の設立を記念した「産学官民による低炭素まちづくり」フォーラムが、2013年1月28日午後2時よりせんだいメディアテーク1階のオープンスクエアにて開催されました。 前半、東北大学環境科学研究科教授の田路和幸先生の基調講演「魅力あるスマートコミュニティ構築に向けて」では、これからの新しい暮らしのモデルの提示と、地下鉄東西線のターミナル駅に隣接する荒井東の重要性についてのお話がありました。 後半、当法人顧問の大村虔一氏がコーディネーターを務め、田路先生、仙台市の小島博仁氏、土地区画整理組合の和井内貞明氏、清水建設株式会社の栗山茂樹氏が登壇したパネルディスカッションでは、いかようにして協議を重ねていくのか、どのようなまちづくりに向かっていくのか、などについて議論が交わされました。…

荒井東まちづくり協議会 設立

当法人が準備会から事務局として携わっている荒井東まちづくり協議会が、2013年1月22日に総会を経て正式に組織されました。産学官民のまちづくりを実現するための、民間企業・学識経験者・行政・地権者による話し合いの場がこの協議会です。平成27年度の地下鉄開業を「街開き」を目指し、その後の発展も視野に入れた継続的なまちづくりに取り組んでいきます。…