大河原町長期総合計画策定に係るワークショップ運営支援

大河原町長期総合計画策定に係るワークショップ運営支援

宮城県南部に位置する大河原町の第5次長期総合計画の策定のために住民と町の職員とが一緒になって各課題について議論を深めるための「コラボ会議」をワークショップ形式で運営し、その成果を町長に提言を行った。

大河原町長期総合計画

大河原町長期総合計画第5次大河原町長期総合計画の策定にあたり、計画策定過程における情報共有と住民参画の拡充を図るため、住民と町職員が一緒に議論する「コラボ会議」が平成21年11月に設置された。

「コラボ会議」には、公募住民47名と町職員有志21名、合計68名が参加。それぞれ「生活・環境」「健康・福祉」「教育・文化」「都市・産業」「基本構想」の5つの専門部会に分かれ、それぞれの検討テーマごとに、基本的な視点や課題、実施すべき施策等についてワークショップ形式で検討(12回)を重ねた。その成果をとりまとめ、平成22年8月に「提言書」として町長に提案し、基本構想や施策に反映されている。

「コラボ会議」→「提言書」

都市デザインワークスは、「コラボ会議」の運営企画を担当するとともに、在仙ファシリテーターと連携し、ワークショップの運営を支援した。各専門部会に、専属のファシリテーターを配置し、各専門部会のワークショップを進行し、出された意見を全体としてどう整理し、「提言書」に取りまとめていくかを検討してきた。

コラボ会議の解散後は、参加者同士のネットワークができ、住民主体のまちづくりへのつながっている。

コラボ会議と町長への「提言書」

大河原町長期総合計画
関連情報
期間:2009.11~2011.3
場所:宮城県大河原
関係リンク:大河原町ホームページ(長期総合計画)

関連記事


記事一覧へ