東北学院大学の土樋キャンパスの整備計画が進行中

東北学院大学は都心部の学都仙台を象徴する土樋キャンパスの整備計画を進めています。

http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/info/top/131209-2.html

当法人はキャンパスマスタープランの策定検討のための協力を行って参りました。
南六軒丁が学都仙台のシンボルロードとなるようなモールとすることや、
本館や礼拝堂などの歴史的に貴重な建造物の保存と配慮の作法についての提案など。

また現在、東北大学から取得した北地区に新たに建設する校舎の設計が進んでいます。
この設計提案を募集するための機能構成や粗設計(設計のための条件を概略設計によってチェックすること)を行いました。
この北地区新校舎の建設が東北学院大学のキャンパス整備の大きな一歩となります。
それは学都仙台の新たな魅力づくりにつながるものです。

完成予想図

東北学院大学サイトより

タグ: ,